ページの先頭です

慰謝料について
都民調査サービス TOP > 慰謝料について

慰謝料相場と浮気の慰謝料請求

故意・過失による不法行為(民法709条)により損害を受けた人が、損害賠償を請求する、その損害の内で精神的苦痛に対する代償を慰謝料と言います。
原因を作った配偶者(又は浮気相手)が精神的な苦痛を受けた相手配偶者(被害者)に対して支払わなければならない損害賠償のことです。
浮気不貞による離婚の慰謝料とは婚姻中、お互いに貞操の義務が有るにも関わらず一方が不貞をして離婚などに至った場合に、夫や妻の不倫や不貞による精神的苦痛や離婚などによる生活の変化に対する苦痛に対して慰謝料の請求が行われるわけです。

不倫・不貞・浮気の慰謝料の相場 ~算定の仕組みと時効について~

不貞・浮気・不倫を理由とした慰謝料を請求する場合は、その原因を作った有責者である、婚約者や夫や妻、そして夫や妻の不貞不倫相手に対して行う事が出来ます。
また、離婚しなくても慰謝料の請求は可能です。ただし、その請求期限(時効)は、浮気(不貞)行為を知ってから3年間です。
なお、配偶者の様々な原因で離婚に至った場合の慰謝料の算定額は、財産分与や養育費とは違い、相手側にどれだけ非があるか、つまり有責性の程度が大きな判断材料になります。

特に浮気・不倫・不貞は、適法な証拠があれば、慰謝料請求が認められ、他の原因による算定額よりも一般に金額が大きく、話が早く決着する傾向があります。

離婚の慰謝料は浮気不貞だけでなく次のような場合に認められています。

<慰謝料が認められる場合> <金額の算定基準>
•不貞行為(浮気・不倫)
•暴力行為
•悪意の遺棄(生活費を渡さない等)
•その他婚姻関係の維持に非協力な行為
•通常の性的交渉の拒否
•婚姻を破綻させた原因の有責性と、その程度
•精神的苦痛の程度
•婚姻期間と年令
•支払い側の社会的地位と資産・収入
•生活能力や扶養する子供の有無

慰謝料の金額は、婚姻破綻原因の中でも1.浮気(不貞)2.悪意の遺棄 の順で要求が通りやすい傾向があります。従って相手が不貞行為をしているのであれば、不倫や不貞の証拠を確保した方が金額の算定には非常に有利と言えます。

浮気の慰謝料相場と不貞

よく、どのぐらいの金額が請求できるかという質問がありますが、過去のデータや司法統計などをもとに金額の算定は行われていますが、法律で慰謝料の金額があらかじめ決められている訳ではありません。
したがって、どれだけの金額を提示するかは、相手が認めるかどうかは別ですが、非常識な額でなければ、原則として、いくら請求しようと自由です。

過去の慰謝料の判例では、不貞を理由として離婚した際の、算定額は300万円から400万円前後と認定されていた例が多かったようですが、 最近では、精神的苦痛(慰謝料)についての金銭的評価が上昇傾向にあるので、500万円~600万円を超える例も増えてきています。

ただし、浮気の慰謝料の相場は一律に決まっているものではなく、あくまでも不貞の頻度や個々の離婚の経緯・相手の経済力や有責度により算出されています。

婚姻期間 1年未満 1~3年 3~10年 10~20年 20年以上
責任軽度
100 200 300 400 500
責任中度 200 300 500 600 800
責任重度 300 500 700 900 1000

(「慰謝料算定の実務」千葉県弁護士会編より) 単位:万円

アクセスマップ

秋葉原周辺地図

〒101-0025 東京都千代田区神田佐久間町1-8-4 アルテール秋葉原9F
※秋葉原ワシントンホテルの隣です。
TEL:0120-621-623
(ご相談・問い合わせ受付時間9:00~19:00)
→お問い合わせはこちら

JR秋葉原駅中央改札口・電気街口より徒歩1分
つくばエクスプレス秋葉原駅A1出口より徒歩1分
東京メトロ地下鉄日比谷線秋葉原駅5番出口より徒歩2分
都営地下鉄新宿線岩本町駅A3出口より徒歩3分