ページの先頭です

相談依頼する際の注意事項
都民調査サービス TOP > 相談依頼する際の注意事項

相談依頼する際の注意事項

探偵との連絡について

ご家族で使用しているパソコンの、閲覧履歴や固定電話の発信履歴に探偵事務所の情報が残され、それを調査対象となる人物に発見されてしまうと当然警戒してしまい、調査が困難になってしまいますので十分注意して下さい。また、ご自身で所有している携帯電話・スマホ・パソコンも履歴を見られてしまう可能性があります。問い合わせたメールやホームページの閲覧履歴、検索欄に残されている検索キーワードは確実に削除して下さい。

依頼した事を言わない

信頼できる親類・親友やであっても、思わぬことから情報が漏れてしまう可能性があります。調査目的が達成されるまでは、ご家族であっても極力言わないようにして下さい。

普段通りの行動

調査期間中は、依頼者の方も緊張してしまい精神的に疲弊してしまう方も多くいらっしゃいます。対象となる人物と喧嘩をしたり、その勢いで調査をしていることを、ほのめかすような事を言ったりしますと、効率的に証拠収集が出来なくなります。また、対象の行動を無理に詮索するような会話や、何時もより頻繁に電話を掛けたりメール・ライン等をしたりすると警戒心を持ってしまうので、お控えください。極力平静を保ち普段通りの行動をお願いします。

契約書・報告書などの管理

ご相談、ご契約させて頂く際に「名刺」「調査委任契約書」「重要事項説明書」の書類をお渡しします。これらを調査対象となる人物に見られてしまうと、調査が実施できなくなります。対象となる人物とご一緒に住んでいる場合は特に注意が必要です。

ご自身・知人で調査はしない

ご自身や知人に頼んで尾行や張り込みなどの調査をしてしまい、対象となる人物に発覚してしまうと当然警戒してしまいます。頻繁に後ろを振り返りながら歩いたり、Uターンを繰り返す状態になってしまうと、その後プロの探偵が引き受けたとしても、お約束出来るものは何もありません。特に慰謝料請求、離婚に至る可能性が少しでもある方は絶対にお控え下さい。

時間的に余裕を持って下さい

時間的に余裕を持ってご連絡ご相談下さい。調査をするのに万全な準備期間があるということは必ず有利に働きます。希望する調査開始日の1週間前に、ご連絡頂けると大変助かります。

来所の際は電話予約を

弊所には営業やカウンセラー、専門の相談員等は一切いません。責任者を含め全員現役の調査員でありますので、相談受付時間中であっても秋葉原の事務所に誰も居ない事が多々あります。ご来所の際は必ずお電話で予約をして下さい。

別居は避けましょう

配偶者の浮気・不倫で離婚を考えている場合、不貞行為の立証が不可欠です。民法第752条(同居、協力及び扶助の義務)に「夫婦は同居し、互いに協力し扶助しなければならない」とあり、自身と配偶者が相当期間の別居状態にある場合では、相手の不貞行為を立証する証拠を収集しても、すでに夫婦としての実態は無く婚姻関係が破綻していると判断され、不貞行為の証拠としてみなされない場合があります。

アクセスマップ

秋葉原周辺地図

〒101-0025 東京都千代田区神田佐久間町1-8-4 アルテール秋葉原9F
※秋葉原ワシントンホテルの隣です。
TEL:0120-621-623
(ご相談・問い合わせ受付時間9:00~19:00)
→お問い合わせはこちら

JR秋葉原駅中央改札口・電気街口より徒歩1分
つくばエクスプレス秋葉原駅A1出口より徒歩1分
東京メトロ地下鉄日比谷線秋葉原駅5番出口より徒歩2分
都営地下鉄新宿線岩本町駅A3出口より徒歩3分