ページの先頭です

3分でわかる依頼のコツ
都民調査サービス TOP > 3分でわかる依頼のコツ

3分でわかる依頼のコツ

あらゆるサービス業が存在しますが、探偵を選ぶ事ほど難しい業種は無いのではないでしょうか?
適切な例か分かりませんが、私も今、身内で不幸があったら葬儀社を手配すると思いますが、どの業者に頼んでいいものか全く見当もつきませんし、料金の相場も分かりません。いま探偵事務所選びで悩んでいる方はこのようなケースに近いと思います。
身近なサービスであれば相場も分かり比較検討しやすいですが、めったに利用しないサービスに対しては想像もつかないものです。
残念ながら適正な調査料金以上を請求している探偵事務所が存在しているのは事実ですから、いくつか騙されない為のポイント・賢い利用の仕方をお伝えしますので、このページだけでも読んで頂ければと思います。

①相談する前に

探偵事務所へ相談する前に、自分なりに依頼の趣旨や相談内容、最終目的などを整理しておくことをお勧めします。そして対象となる方の情報は多いほど役立ちますので、把握している情報はまとめておきましょう。
例えば浮気・素行調査でしたら、写真(全身の写真と風貌や顔がハッキリわかるもの)
・特徴・身長・生年月日・自宅住所・勤務先。(自動車・バイク・自転車)の所有があれば車種・色・ナンバー・駐車場の位置。普段のスケジュールや立ち寄り場所。浮気調査等で相手の情報が分かれば用意しておきましょう。
まったく情報の無い所から調査開始するより調査料金は安く済みます。

②まずは1~2日小さく依頼する

探偵事務所に相談に行くと、たいてい長期契約や高額な契約を求めてきます。
絶対に相談員(カウンセラー)のペースには乗らず、まずは1・2日短期の調査を頼んでみて下さい。このような事を気持ちよく引き受けてくれない探偵事務所であれば絶対に避けましょう。
一旦報告を求め内容に納得出来るか嘘は無いか、調査レベルはどうなのか試してみる事が大事です。

③うるさい客になる

うるさい客とは語弊がある言い方かもしれませんが、現場の調査員と何時でも直接連絡が取れるか必ず確認して下さい。

調査中でも調査に差支えない程度でしたら「状況はどうなっているのか」問い合わせしてもらって全く構いません。
依頼者様も調査中の状況をある程度把握していないと、依頼者様が完全に不利になります。例えば探偵業社のミスで尾行が失敗した時など、そこまでの流れを依頼者様が全く把握していなければ、業者側に有利な嘘の報告をいくらでも出来きてしまいます。しかし失敗するまで過程をある程度把握していれば、探偵業社側もミスを認めざるをえない場合が多いのです。

このような事から依頼者様との間に営業や、カウンセラーなどが入ると「調査中は現場と連絡が取れない、明日にならなければ報告が上がってこない」などと言われ、調査に入った途端に主導権を握られてしまうのです。

アクセスマップ

秋葉原周辺地図

〒101-0025 東京都千代田区神田佐久間町1-8-4 アルテール秋葉原9F
※秋葉原ワシントンホテルの隣です。
TEL:0120-621-623
(ご相談・問い合わせ受付時間9:00~19:00)
→お問い合わせはこちら

JR秋葉原駅中央改札口・電気街口より徒歩1分
つくばエクスプレス秋葉原駅A1出口より徒歩1分
東京メトロ地下鉄日比谷線秋葉原駅5番出口より徒歩2分
都営地下鉄新宿線岩本町駅A3出口より徒歩3分